MENU
今年度の奨学金は、ここをクリック

高等学校等就学支援金について

奨学金

学校には通いたいけど、学費って払い続けられるのかな?家族になるべく負担をかけたくないなぁ、など不安がある学生やご家族の方にさまざまな団体からお金を借りることができる「奨学金」制度があります。(ただし、奨学金は必ず貸与されるとは限りませんので注意が必要です。)
奨学金は毎年4月より募集が始まります。本校に案内があった奨学金については、随時、校内の奨学金掲示板および本校ホームページに掲載するほか、担任を通してホームルームで学生に連絡いたします。奨学金を借りようと考えている学生は、校内掲示板および本校ホームページを閲覧し情報を得てください。
奨学金に関する相談は、教務部または事務部の奨学金担当者にお尋ねください。

奨学金には基本的に2種類の支給形態があります。

  • 「給付奨学金」…給付されたお金の返還義務がない奨学金です。
  • 「貸与奨学金」…貸与されたお金は卒業して社会人になった場合や学校を退学また

本校に案内がある主な奨学金制度です。(内容は平成27年度の実績)

(1)日本学生支援機構奨学金(貸与奨学金)

第一種奨学金(無利息)

  • 対象者:本科・専攻科の全学年
  • 応募基準:1年生=中学校最終学年の成績の平均が3 . 5以上/2年生以上=成績が学科の平均水準以上
  • 申込時期:4月中旬の本校が指定する日にWEB申請を行います。(毎年、申込期間が短いため、収入に関する証明書類や本人名義通帳など各種書類を準備する必要があります。)
  • 貸与金額:1~3年生=月額10,000円または32,000円(自宅)、35,000円(自宅外)を選択/4年生以上=月額30,000円または53,000円(自宅)、60,000円(自宅外)を選択
  • 貸与期間:成績等問題がなければ卒業時まで。専攻科生は2年修了時まで。

第二種奨学金(利息あり)第一種奨学金と併給可能

  • 対象者:4年生、5年生、専攻科生
  • 応募基準:平均水準以上の成績
  • 申込時期:第一種奨学金と同じ
  • 貸与金額:月額30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円の内から選択
  • 貸与期間:第一種奨学金と同じ

日本学生支援機構の奨学金には、「人的保証制度」と「機関保証制度」があります。

  • 人的保証制度…申込時および採用・返還時に連帯保証人(原則として父母)と保証人(4親等内の親族の内、別生計を営む者で、返還総額の返還を保証できる65歳未満の人)が必要な制度です。
  • 機関保証制度…貸与中に貸与額から一定の保証料を支払うことで学生本人の意志と責任において奨学金を申込む制度です。

(2)各都道府県および市町村奨学金

都道府県や市町村の各自治体では、奨学金制度を設けている場合があります。各自治体が設けている奨学金については、本校に案内があった場合に限り、校内掲示板、本校ホームページおよびホームルームで担任を通して連絡します。したがいまして、各公共地方団体が実施する奨学金については、学生自身が直接問い合わせてください。

三重県高等学校等修学奨学金(貸与奨学金・無利息)

  • 対象者:保護者(本人が成人の場合は本人)が三重県内に住所を有している本科・専攻科の全学年
  • 応募基準:学習意欲があり、本業を確実に修了する見込みがあること。世帯の全収入が一定基準以下であること。
  • 申込時期:5月下旬から6月上旬
  • 貸与金額:月額20,000円、25,000円、30,000円、35,000円の内から選択
  • 貸与期間:成績等問題がなければ卒業時まで。返還は、卒業後12年以内に返還。ただし、大学等に進学した場合は、返還猶予を申請することができます。

申込時に保護者以外の連帯保証人(県内在住で貸与開始月の初日現在で65歳以下の返済能力がある成人の方)1名が必要です。

和歌山県修学奨励金貸与制度(貸与奨学金・無利息)

  • 対象者:本人の生計を主として維持する者が、和歌山県内に住所を有している本科・専攻科の全学年
  • 応募基準:和歌山県の市町村ごとに世帯全員の年間収入の上限額が設けられています。
  • 申込時期:4月から5月下旬
  • 貸与金額:月額30,000円(自宅)、35,000円(自宅外)
  • 貸与期間:成績等問題がなければ卒業時まで。返還は、貸与期間終了後10年以内に返還。ただし、大学等に進学した場合は、返還猶予を申請することができます。

申込時に日本学生支援機構奨学金、母子父子寡婦福祉資金の修学資金等の学資資金の貸与を受けていないことが必要です。

大阪府育英会奨学金(貸与奨学金・無利息)

  • 対象者:保護者(親権者)が大阪府内に住所を有している1~5年生
  • 応募基準:1年生、2年生=保護者の平成26年度の市町村民税所得割額(保護者合算)が347,100万円未満/3~5年生=保護者の平成26年度の市町村民税所得割額(保護者合算)の基準が決められています。
  • 貸与金額:1~3年生=市町村民税所得割額により、「授業料実質負担額+その他の教育費10万円」の範囲内で希望する額(年額)または「24万円の範囲内で希望する額」(年額)/4年・5年生=市町村民税所得割額により、「学校の年間授業料に10万円を加えた金額」の範囲内で希望する額(年額)または「24万円の範囲内で希望する額」(年額)
  • 貸与期間:成績等問題がなければ卒業時まで。返還は、卒業後6カ月後より返還。

奈良県修学支援奨学金(貸与奨学金・無利息)

  • 対象者:親権者または未成年後見人が県内に住所を有している1~5年生
  • 応募基準:生活保護基準1.5倍以内(世帯全員の収入額合計)
  • 申込時期:4月から5月上旬
  • 貸与金額:月額30,000円(自宅)、35,000円(自宅外)。生活保護法の高等学校等修学費の給付を受けている場合は、月額17,000円(自宅)、22,000円(自宅外)
  • 貸与期間:成績等問題がなければ卒業時まで。返還は、貸与の修了月の翌月から起算して6カ月を経過した後10年以内に返還。申込時に日本学生支援機構奨学金、母子父子寡婦福祉資金の修学資金等の地方公共団体、その他の公共的団体から学資の貸与または給付を受けていないことが必要です。

京都府高等学校等修学資金(貸与奨学金・無利息)

  • 対象者:親権者または未成年後見人が京都府内に住所を有している1~5年生。ただし、申請者が成年であるときは、申請者本人が京都府内に住所を有していること。
  • 応募基準:申請者と生計を一にする者全員の1年間の所得の合計額が所得基準額以下であること。
  • 申込時期:平成26年度4月分からの貸与希望者は、4月から5月上旬。ただし、年度途中に申請をする場合(申請日の翌月分からの貸与)は、随時。
  • 貸与金額:月額30,000円以内(自宅)、35,000円以内(自宅外)
  • 貸与期間:成績等問題がなければ卒業時まで。返還は、原則20年以内に返還。ただし、大学等に進学した場合は、返還猶予を申請することができます。申込時に日本学生支援機構奨学金、母子父子寡婦福祉資金の修学資金等の都道府県または地方公共団体が貸与または給付を受けていないことが必要です。

本校にも奨学金制度があります。

(3)近畿大学工業高等専門学校奨学金(貸与奨学金・無利息)

  • 対象者:健康にして経済的理由により学費の支払いが困難で、生活態度や学習成績、課外活動に問題のない本校学生。ただし、在日外国人の場合、在留資格が「留学」の学生は除きます。
  • 応募基準:日本学生支援機構奨学金に準じます。
  • 申込時期:6月上旬頃に説明会を実施します。
  • 貸与金額:1~3年生は年額300,000円以内、4・5年生、専攻科生は年額500,000円以内の範囲内で希望する額。ただし、貸与人数等により希望額の期待に添えないことがあります。
  • 貸与期間:申込みした年度のみが対象で、1月上旬に一括に振り込まれます。翌年度も貸与を希望する場合は、再度申込む必要があります。返還は、卒業後、毎年12月に一定金額(年賦)を2~20年かけて返還。

奨学金の貸与等の基準や金額は、その時々の社会情勢により変化します。また、奨学金の趣旨から1年毎にしっかりと勉学に励んでいるかをチェックされます。奨学金は学生本人が借りるものです。奨学金に関する情報収集や申込時の書類作成など、保護者に任せるのではなく大人への一歩として自分自身で相談や問い合わせとを行い、卒業後は「借りたものは返す」「返還期限を守る」など社会人としての責任感を持って貸与を受けるようにしましょう。なお、返還期日まで返還されなかった場合は、奨学金が無利息であっても遅延利息が加算されるとともに返還訴訟が行われ、信用を失いますのでご注意ください。