近畿大学工業高等専門学校


[陸上競技部] 活動内容

 

陸上競技部

陸上部は1年生から3年生はインターハイでの優勝、4年生と5年生はインターカレッジでの優勝を、そしてチームと しては全国高専大会での総合優勝を目標としています。

このようにチームとしては大きな目標を持っておりますが、選手個人はまず自分の目標を達成する為に日々トレーニングしています。

陸上競技はもともと持って いる才能や体力が競技成績を左右すると思われがちですが、才能や体力以上にいちばん必要とされることは自分自身の力を最大限に発揮できる技術を身につける ということです。

自分自身の力を最大限に発揮できる技術とは、筋肉の使い方やメンタルコントロール、試合の挑み方など様々なことがあります。

これらの技術を身につけること に重きを置き、筋力や心肺機能も向上させるトレーニングをプログラムすることにより、個人の目標を少しでも早く達成する事ができます。

そしてこのようなトレーニングをどうすれば楽しくできるかということを工夫し、時には学校の前の七里御浜で練習したり、裏山に登っていき海を見ながら坂 ダッシュをしたりして、気分をリフレッシュさせながらトレーニングに励んでいます。

陸上競技部

 

 2009年 春季遠征

日時:平成21323日(月)~41日(水)
チーム:  A:2324日柏原高校・東大寺学園  B:2628日一志中・津商業 
C:28日午後~41日 函館大有斗・市立函館・函館中部・浜名 
場所:A 和歌山県橋本市陸上競技場(2324日)B東員町陸上競技場(2628日)
   C 静岡県浜松四つ池競技場(29日)長居運動公園陸上競技場(3031日) 
行程:2324日 橋本市陸上競技場で1日練習
     25日 休み  24日練習のあと、熊野へ移動→帰宅
   2628日 東員町陸上競技場で1日練習
     29日 浜松にて合同練習
   3031日 記録会
      1日 午前中練習

 
 
 
顧問より一言
 この春も2009年シーズンインを前に様々な学校と一緒に練習させていただきました。どの学校にも全国で活躍する選手がおり、本校の部員にとっては、とても刺激になる毎日を過ごせたと思います。最終日には今年のインターハイ開催会場である鴻ノ池陸上競技場と大仏様で有名な東大寺に行って気持ちをリフレッシュさせました。