近畿大学工業高等専門学校


[都市環境コース(土木系・建築系)] 研究室紹介

建設材料・構造に関する研究

ものづくりの設計の考え方の習得を目的として、毎年、材料やルールを変えて、ブリッジコンテスト(橋の強さ競争)が行われています。過去の大会では細木やパスタや新聞紙などを使って、全国の高専と競争しました。さて、今年は何かな?

建築設計・建築計画に関する研究(松岡良智 准教授)

建築の分野は、「意匠を設計する」、「骨組みを設計する」、「環境を設計する」ことからなっています。その中で、毎年行われる全国高専デザインコンペに参加し、空間デザインやものづくりの考え方を学び、技術を競います。

水工学研究室(中西 祐啓 教授)

洪水による被害を最小化するため、降雨量や河川流量データを収集・解析し、洪水発生リスクを評価する研究を行っています。 

  

建築構造研究室(五十石 浩 准教授)

建築の分野は、大きく分けて「意匠を設計する」、「骨組みを設計する」、「環境を設計する」ことから成っています。ここでは、トラス構造物の載加実験等を行い、構造物の骨組みを設計する技術を研究しています。