近畿大学工業高等専門学校


[地域連携テクノセンター] 地域連携テクノセンターの業務内容

地域 地域連携 共同研究

概要

近畿大学高専における研究活動をベースとする産官学民の連携・交流を円滑に推進するための組織です。言い換えれば、産業界等から近畿大学高専へ、あるいは近畿大学高専から産業界等へアクセスする際の窓口となるものです。

この組織は、平成15年度に設置されたものです。

平成24年度より,「リエゾンセンター」は,「地域連携テクノセンター」に名称変更しました.

本校における研究の目的は,研究を通じて地域社会と積極的に連携し,学問研究の実用化および地元産業の活性化に寄与し,社会貢献を果たしていくだけでなく,得られた研究成果を学問的・理論的基礎として教育活動に生かしていくことである. 地域連携テクノセンターの主な役割は,上記目的に沿って民・産・官と連携して実施する研究活動の窓口業務を行うことで,具体的には以下のとおりです.

  1. 地域連携ネットワークの構築 ・ 名張市民産学官連携推進協議会 ・ みえ産学官プラス金融機関連携協議会(仮称)・大学サロンみえ・近畿経済産業局 ・ 近畿地区高専産学連携活動推進協議会 ・ 近畿地区高専テクノサロン ・ その他の産官学連携会議やセミナー への参加 および情報収集など
  2. 産官学共同研究のコーディネート,および技術相談窓口
  3. 民産官学連携に関する広報業務 ・ 教員の技術シーズ調査・公開・PR ・ 研究成果の公表・PR ・ 産官学連携に関する各種調査アンケート対応 ・ 地域連携テクノセンターホームページの更新 ・ 各種産業展・フォーラムへの出展窓口 など
  4. 教員の受託研究・共同研究手続き支援
  5. 教員の特許等出願の支援
  6. 知的財産管理 

など

研究者一覧

研究者一覧はこちらのページにてPDF形式のファイルにて配布しております。