近畿大学工業高等専門学校


編入学入学者受入方針

本科の4,5年次では実社会に役立つ教養と専門的知識の育成によって創造力あふれる技術者の養成をめざしています。
この目標を達成するために、総合システム工学科のそれぞれの専門コースでは次のような人の編入学を期待します。

 
1.求める入学志願者像

[機械システムコース]

 自動車・エネルギー・ロボットなど、あらゆる産業で不可欠な機械技術を学ぶ
設計・製造・開発・メンテナンスに携わる機械エンジニア(技術者)を育成するコースです。
自動車・鉄道・航空機等の輸送産業、ガス製造・石油精製・発電プラントなどのエネルギー産業、
製造工場や医療の現場などで機械を制御し操作するロボット産業など、様々な分野での活躍ができます。
機械システムコースでは、1・2年次で習得したモノづくりの基礎技術を土台に、
3年次からCAD、計測・制御・ロボット、エネルギー・環境などの最先端分野について体系的に学習し、
社会のニーズに対応できる機械技術者の育成を目指します。
どのような分野にも応用できるのが機械システムコースの魅力です。将来きっと展望が開けるでしょう。

 

[電気電子コース]

 より高度な文明社会のために、電気の力で貢献できるエンジニアになろう
電気や電子の特徴や性質を知るのに、電気回路や電気磁気学などの科目を学びます。
そして、それらを応用するために、電気エネルギーや通信、制御、材料、デバイスなどの様々な応用分野を学びます。
実験・実習に多くの時間をとっているので、難しい科目も体験を通じてやさしく理解できます。
先輩たちは国家資格の電気工事士や、電気主任技術者、電気通信の工事担当者などの資格取得を目指して、電気電子コースで学んでいます。
電気エネルギーの発生から応用、電気電子材料・デバイス、情報機器、電子制御まで幅広い分野の理論と技術を学びます。
広範囲にわたる分野での問題解決能力を有する創造型技術者育成を目指します。


 
[情報コミュニケーションコース](制御情報工学系)

 コンピュータやコミュニケーションの基礎から応用まで、文理の枠を超えた情報科学テクノロジーを学び、次世代の若人を育成します。
ICT社会が求めるテクノロジーとして、新たにネットワーク、情報管理、システム管理、情報セキュリティ分野も習得します。
先に、ソフトウェア・ハードウェア・プログラミングなどのICT基礎を学び、その後、文理の枠を超えたICT応用を学びます。
そして、社会の第一線で活躍できる技能と知識を身につけます。卒業後は情報システムを構築・保守する分野や、情報システムを発注・管理する分野で活躍できます。
ハードからソフトそして応用まで、情報に関して総合的に学ぶ。
高度情報化社会に対応したハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、プログラミングなどのコンピュータ技術を習得します。
また、コンピュータを活用した文書処理やビジネスに関する能力を養成したり、事務データ処理におけるデータベースの設計技術を学びます。
男性でも女性でも社会のいろいろな分野で活躍できる人材育成を目指します。
 


[都市環境コース](土木系・建築系)

 ( 土木系):自然との共生を目指した橋や鉄道などの社会基板を創造するエンジニアを育成します。
 自然や環境に配慮しながら、橋、道路、鉄道、ダム、空港などの社会基盤を造るために必要な技術を学ぶコースです。
従来からの構造力学や材料学などの専門科 目に加え、自然環境学や経済学的領域を総合的に学びます。
社会基盤整備や都市づくりを創造的・実践的に行うことのできるエンジニアを育成します。
(建築系):住宅・オフィスビル、インテリア等の設計やデザインに関する創造性豊かなエンジニアを育成します。
人々が健康で快適に過ごすことができる住宅やマンション等の居住空間、および生活する上で必要な
商業施設、 工場、学校、病院等の社会活動空間をつくるための知識や技術を学ぶコースです。
建築物の構造やデザイン、材料、設備、歴史等、多彩でかつ広範な分野を学びます。
様々な分野の知識を有し、創造的能力を持ち合わせたエンジニアを育成します。
 

 
 

2.入学者選抜方針

 本科の4,5年次では、社会に貢献するための広い視野からもの創りを考え、それぞれの専門分野の知識と工学的素養をもって、
考えたものを実現していく創造力あふれる実践的技術者の養成をめざしています。この目標を達成する高い可能性を持った学生の選抜を行います。
入学者の選抜として、学校長推薦選抜、学力選抜、自己推薦選抜を行います。
学校長推薦による選抜は高等学校の工業に関する学科・専門教育を主とする学科・総合学科の生徒を対象とし、
学業推薦、総合力推薦、指定校推薦に分かれます。指定校推薦は本校が指定する高等学校で在籍学科と志望コースが同一である場合で、
推薦書および調査書の内容のみで評価します。
学業推薦、総合力推薦は面接試験によって、科学技術やものづくりに対する興味や学習意欲、コミュニケーション能力、協調性などを評価し、
推薦書および調査書と併せて総合的に評価します。
学力による選抜では、技術者教育に不可欠の一般科目・専門科目が十分理解できる学生を選抜するため、
基礎となる英語、数学、専門科目の学力試験を行います。普通科高校出身者のため専門科目に代わり物理を選択することができるようにします。
高等学校の成績、面接結果と併せて総合的に評価します。
自己推薦による選抜では自己を強くアピールできる特徴を持った学生を選抜するため、自己推薦書を学校長の推薦書に代えます。
これに加えて高等学校の成績、面接結果を総合的に評価します。