近畿大学工業高等専門学校


専攻科入学者受入方針

総合システム工学科とリンクした充実の教育プログラムを提供

 近畿大学工業高等専門学校では、平成17年4月に専攻科を設置しました。
専攻科とは高専5年間の課程卒業者を対象として、さらに深く教育研究が行えるように設けられた2年間の課程で、
所定の単位を修得し、国の機関である大学評価・学位授与機構が実施する審査に合格することにより
「学士(工学)」の学位が得られます。また、「学士」の資格を得ることにより大学の学部卒業生と同等に大学院へ進学できます。
 専攻科 生産システム工学専攻では、「社会に貢献するための広い視野からのもの創りを考え、
高度な専門知識と工学的素養をもって考えたものを実現していく、創造力あふれる技術者」の育成を教育目的としています。
 機械工学、電気電子工学および土木工学の3つの専攻に分かれており、各分野でトップクラスの教員が高度な技術の世界を教授します。
また、高等教育機関が行う技術者教育が社会の要求水準にマッチしているか国際的に通用するものかを審査する
日本技術者教育認定機構(JABEE)審査を受審し、2007年度JABEE認定を取得して2012年度には継続審査をパスしました。
本校の技術者教育が国際水準にあることが認定されました。


1.求める入学志願者像

 (1)新しい技術の修得や学理の探求を進めたい人

 (2)工学の基礎的学力を有し、ものづくりに意欲をもって取り組める人

 (3)専門性の高い仕事に就き、専門的技術者として社会で活躍したい人

 

2.入学者選抜方針

専攻科では 社会の技術発展に貢献するための広い視野からもの創りを考え、それぞれの専門分野の高度な知識と幅広い工学的素養をもって、
考えたものを実現していく開発型技術者の育成をめざしています。この目標を達成する高い可能性を持った学生の選抜を行います。
学校長推薦による選抜においては、科学技術やものづくりに対する興味や工学の基礎となる学力、
専門分野に関する基礎知識およびそれらの修得に継続的に取り組む意欲などを面接試験により評価します。
推薦書および調査書の内容と併せて総合的に評価をします。自分自身を強くアピールできる者には自己推薦書を学校長の推薦書に代えます。
 学力選抜においては、工学の基礎となる数学およびグローバルに活躍できる技術者に要求される英語について筆記試験により評価します。
面接試験による専門知識、適性、意欲の評価および調査書の内容と併せて総合的に評価をします。