2020年度近畿地区高専英語プレゼンテーションコンテストで受賞しました

2020年度近畿地区高専英語プレゼンテーションコンテスト

が、11月14日(土)に、今年度はコロナ禍のため遠隔で行われました。

大変遅くなりましたが、出場結果をご報告します。当校からは、


<シングル部門> 

 4CA 谷戸 快地(題:House for LIVING)

 3E  藤川 来真(題:Rainbow Colors of Japanese SHAKUHACHI Melodies<チーム部門>

 3CA 南 歩武  (題:Architecture for the Future)

 3CA 鈴川 雄悟

 2-3 樋垣 佑樹


君が出場しました。それぞれが持てる力を出し切った結果、


チーム部門(樋垣・南・鈴川君)は  Amazing Architects Award,

シングル部門は、 藤川君は    Uplifting Musicians Award,  

                谷戸君は    Happy Home Award

を受賞しました。


 チーム部門では環境にやさしい持続的な建材を使った未来の建築について、

特に高温多湿な日本特有の気候状況なども踏まえて自分たちなりに探求し、


 シングル部門の藤川君は、尺八の音色が人間の感情を七色に多様に表現できる事を、

「春の海」など有名な曲を自ら演奏して聴き手に示し、日本文化の普及に役立つ発表をしました。


 また、谷戸君は、昨今では便利で何もかも揃った住宅が求められがちですが、

エネルギーを節約できる家は、多少不便であっても、人間を成長させる側面を持っていること、

そのような側面まで考えた環境と人間、双方に益する家作りを、自作の模型を示して論じました。


 全国大会には残念ながら出場には至りませんでしたが、各人が限られた時間の中、

持てる力を出し切って精一杯頑張った成果が存分に見られました。

 
 来年度のコンテスト参加者を募集しております。

興味のある学生は学習指導室まで申し出て下さい。


一覧に戻る