制御情報コースの研究室ではこんな研究をしています

先端技術活用推進研究室

指導教員 : 岩佐 英彦 准教授 [研究室HP]

本研究室では、最先端の技術を使いこなして人の役に立つシステムを構築することを目指して日々研究に取り組んでいます。

今年の卒研のテーマは、AI(人工知能)、VR(バーチャルリアリティ)、IoT(モノのインターネット化)の3分野になりました。
AI分野では、WEBでの検索が苦手な人でも欲しい情報にたどり着ける支援システム、ディープラーニングを使って、チェックマーク式のアンケートの自動集計をするシステム、スマートスピーカーに話しかけるとネガティブな発言かポジティブな発言かを判定し、それに応じてCGキャラクターが返答するシステムの構築に取り組んでいます。

VR分野では、Hololensという高性能の透過型HMDを用いて、聴覚障がい者をサポートする仕組みの研究をしています。

さらに、IoT分野では、感圧センサーを用いて飲食店、図書館などの着席・空席状況を把握できるシステムの開発を行っています。

 

計測制御研究室

指導教員 : 政清 史晃 教授 [研究室HP]

仮想現実感、教育システム、生体信号計測、メカトロニクス応用システム等の研究をしています。
今年度の卒業研究では、遠隔教育のためのWebシステムの研究をしています。
ビデオ通話をしながら、チャットができたり、生徒側から理解度を送り、教師側では、過去の成績などが見ることができます。
また、工場の無人化を想定して、ライントレースカーを効率よく早く走らせるシステムの研究をしています。


 

計算数理研究室

指導教員 : 川上 申之介 講師

今年度の卒業研究論文では、名阪国道の事故多発場所での渋滞情報を運転手に伝えるシステムの研究、ユーザーが操作しやすい画面の配色や構成の研究をしています。
過去には、名張の名所がわかる観光アプリの作成、夏見廃寺の3DCGでの復元に取り組むといった観光振興の研究や、月蝕についてわかりやすく学べる学習ソフトの開発の研究といった天文学と情報工学の融合の研究をしています。


 

量子情報研究室

指導教員 : 坂東 将光 助教 [研究室HP]

主にWeb上で動くアプリケーションの作成をしています。
今年度の卒業研究では、

  • 作った文章を敬語にするアプリ
  • GPSを利用して相手との距離を測るアプリ
  • 売れているライトノベルの余白の統計から、ラノベを上手く書けるアプリ

など、「こんなアプリがあったら良いな」、を実現する研究をしています。
これまでの研究では、量子コンピュータに関する研究のほか、

なども開発しました。


 

環境科学研究室

指導教員 : 本田 康子 准教授

今年度の卒業研究論文では、太陽系外に同じような惑星系がどれくらいあるのか、居住可能な惑星がどれくらいあるのかといった研究や、火星を居住可能にする方法の研究など、地球外での居住の可能性の研究をしています。
また、市内の夜光調査を行い、人工照明の明るさをMAPにして、夜間の過剰照明が環境にどんな影響を与えるかといった、よりよい照明環境のための研究をしています。


 

応用数理研究室

指導教員 : 神田 毅 准教授

今年度の卒業研究論文では、クラウド上で管理をするスポーツデータについての研究や、これまでの試合成績からベストの打順を提案するシステムの構築、パスの精度や速さなどからポジショニングを示すシステムなど、スポーツをしている人の助けになるような研究をしています。
また、文章を書く際に適切な例文をネット上から探し、求めているキーワードに変換してくれるシステムの研究をしています。


 

リモートセンシング研究室

指導教員 : 小野 朗子 講師

リモートセンシングという技術を用いて, 人工衛星データや地上計測データを解析し, 我々が住む地球の環境変化を調べる研究をしています。

一覧に戻る