第3ブロック専攻科研究フォーラムにおいて、本校専攻科生13名が発表しました。

3月1日(金)に名古屋国際センターNICにて開催された第3ブロック専攻科研究フォーラムにおいて、本校専攻科生13名が発表しました。

全員堂々とした発表を行い、2名が優秀ポスター賞を受賞しました。

 

<受賞>

・クロマグロの遊泳能力解析と魚ロボットへの応用 -最適遊泳動作の実験的検討- 松本勇樹、高橋明太郎、山本育史 [優秀ポスター賞]

・有機薄膜太陽電池の開放電圧増大を目指したイオン液体固定化の検討 青山翔太、三崎雅裕 [優秀ポスター賞]

<ポスター発表>

・印刷を用いた符号化開口イメージングの検討 齊藤晴香、齊藤公博

・ライトノベルの文章傾向解析による子供向けの読みやすい文章を執筆できるエディタの開発 瓦谷嵐、坂東将光、政清史晃

・有機薄膜太陽電池の開放電圧増大を目指したイオン液体固定化の検討 青山翔太、三崎雅裕 [優秀ポスター賞]

・イオン液体を混合した半導体トランジスタ 三島明晃、三崎雅裕

・イメージセンシングを用いた機器制御の検討 竹岡寿明、齊藤公博

・自動操舵における次世代ステアリング特性の基礎検討 ~可変減衰制御による反力を使わないSBW制御の有効性検証~ 三代祐輝、三浦弘喜、桝田海琳、神薗雄斗、後藤武志

・クロマグロの遊泳能力解析と魚ロボットへの応用 -最適遊泳動作の実験的検討- 松本勇樹、高橋明太郎、山本育史 [優秀ポスター賞]

・自動操舵システムとドライバとの協調方法の基礎検討 ~運転中の目標コースについて検討~ 江村陵哉、深山大樹、立原拓実、後藤武志

・アーク溶接におけるセンシング -スプレーアーク溶接における外乱の影響と対策- 吉岡竜哉、山口大樹

・クロマグロの遊泳能力解析と魚ロボットへの応用 -最適遊泳動作の実験的検討- 高橋明太郎、松本勇樹、山本育史

・DBDプラズマアクチュエータを用いた電熱促進技術に関する研究 横田健二、清水彗、山﨑攻基、荒賀浩一

・自動操舵システムとドライバとの協調方法の基礎検討 ~ハンドル操作に応じた可変実舵各抑制制御~ 深山大樹、江村陵哉、立原拓実、後藤武志

<口頭発表>

・臨場感のある遠隔参加システムの検討 喜田大貴、政清史晃

 

 

 

 

 

一覧に戻る