日本高専学会第26回年会講演会で専攻科2年中石和孝君が優秀発表賞を受賞!

日本高専学会第26回年会講演会(オンライン開催)が行われました。

本校からは学生・教員全9件の参加があり、日頃の研究成果を発表しました。
オンライン開催(ビデオ通話)という慣れないやり方の中、学生は練習も含めて精一杯努力しておりました。

専攻科2年中石和孝君が、全国から参加した高専生の発表の中、みごと優秀発表賞に選ばれました。

◆ 日   時 :  令和2年9月5日(土),6日(日)
◆ 会   場  : オンライン開催

<学生講演:口頭発表>
クェーサーの三次元空間分布に関する調査 ○中石 和孝 (近畿大学高専),本田 康子 (近畿大学高専)
遠隔臨場感教育用ロボットの開発 ○寺田 幸時,鈴木 一成 (近畿大学高専専攻科1年),政清 史晃 (近畿大学高専)
遠隔臨場感教育用ソフトウェアの開発 ○鈴木 一成,寺田 幸時 (近畿大学高専専攻科1年),政清 史晃 (近畿大学高専)
量子情報処理における複合量子ゲートのロバスト性についての検討 ○西村 真弥 (近畿大学高専専攻科1年),坂東 将光 (近畿大学高専)
ソーラーカーへのLoRa無線モデム計測システムの応用 ○神戸 翔磨 (近畿大学高専専攻科1年),中西 弘一 (近畿大学高専)
ソーラーエネルギーベンチその3 ○的早 耕太郎 (近畿大学高専専攻科1年),伊藤 聡真,小畑 周平,吉川 隆 (近畿大学高専)

<一般講演:口頭発表>
遠隔授業のあり方と課題 ○坂東 将光 (近畿大学高専)
遠隔臨場感教育システムの開発 ○政清 史晃 (近畿大学高専),鈴木 一成,寺田 幸時 (近畿大学高専専攻科1年)
遠隔授業を活用した分散登校方式 ○吉川 隆 (近畿大学高専)

以上

一覧に戻る