旧市街地の町家などの歴史的建造物の調査研究(活動紹介)

[活動紹介]

都市環境コース 田中和幸准教授の研究室は、名張市旧市街地の初瀬(はせ)街道沿いの町家などの歴史的建造物や水路の調査研究を行っているので紹介いたします。

明治期の旧公図に記録された水路を現在の地図に重ねて確認し、歩いて現状を調べるフィールドワークを行っています。学生とともに街並みを活かしたまちづくりのための調査研究を実施しています。

インターネット上のデジタル地図に名張市の観光・交通・生活等の情報をマッピングし、便利に利用できるようにする活動をしている小山幸伸准教授の研究室とコラボレーションするなどユニークな活動を行っています。

——————————————————————————————–

新聞社の取材を受けました。リンク先は各新聞社やメディアのホームページです。

簗瀬水路に咲く「花筏」 「川の会」メンバーら手作り 初夏の風物詩、近大高専生も参加 名張 /三重
毎日新聞 2021/5/30 伊賀版
https://mainichi.jp/articles/20210530/ddl/k24/040/171000c

旧町の魅力、作品に 模型やアート 近大高専生、題材探し散策 名張 /三重
毎日新聞 2021/4/25 伊賀版
https://mainichi.jp/articles/20210425/ddl/k24/100/161000c

風情感じる 旧町の水路 近大高専生と巡る 全長15キロ「立体交差」構造も 名張 /三重
  伊賀版
https://mainichi.jp/articles/20210325/ddl/k24/040/225000c

名張・初瀬街道沿い 「旧町」の半数、歴史的な建物 近大高専・南出さんら調査 町並み保存の貴重な礎に /三重
  伊賀版
https://mainichi.jp/articles/20210217/ddl/k24/040/231000c

名張の市街地水路、遊び場に 近大高専生のデザイン、全国4位
 2021年1月9日
https://www.chunichi.co.jp/article/182887

高専デザコン・審査員特別賞 近大高専受賞 名張の旧町調査、風景生かしイベント提案 /三重
  伊賀版
https://mainichi.jp/articles/20201223/ddl/k24/040/169000c

名張旧市街の水路活用を提案 デザコン審査員特別賞 近大高専
 2020年12月23日
https://www.iga-younet.co.jp/2020/12/23/33027/

<小山研究室とのコラボレーション記事>
旧町の魅力、地図に 近大高専生ら、てくてく歩いて情報探し 水路や町家、ネットに反映 名張 /三重
毎日新聞 2021/5/25 伊賀版
https://mainichi.jp/articles/20210525/ddl/k24/040/289000c

一覧に戻る