MENU

3つのポリシー(3つの教育方針)

近畿大学工業高等専門学校 教育方針

近畿大学は、「未来志向の実学教育と人格の陶冶」を建学の精神とし、「人に愛される人、信頼される人、尊敬される人の育成」を教育理念として掲げてきました。この「建学の精神」と「教育理念」は、知識基盤社会へ転換しようとする21世紀の日本において、いっそう必要とされる理念であると自負します。
 本校が、工業高等専門学校の特色を生かしながら、共に手を携えて目指そうとしているのは、「実学教育」と「人格の陶冶」の融合です。真の「実学」とは、必ずしも直接的な有用性を志向するだけではなく、その事柄の意味を学び取ることを含みます。現実に立脚しつつも、歴史的展望をもち、地に足をつけて、しなやかな批判精神やチャレンジ精神を発揮できる、創造性豊かな人格の陶冶を志向するものです。「自主独往の気概に満ち」、生涯にわたって自己の向上に励み、社会を支える高い志をもつことが「人に愛され、信頼され、尊敬される」ことにつながります。このような技術者を社会に送り出すことが、これからの時代に、本校が目指す社会的使命であります。

本科・総合システム工学科における3つの教育方針

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

本校は、人格教育と実社会に役立つ教養と専門的知識の育成に努め、創造力あふれる技術者の養成を目指しています。この目標を達成するために、次のような人の入学を期待します。

  1. 1人々のくらしや環境に関心のある人
  2. ものづくりや実験が好きな人
  3. 部活動、ボランティア活動、寮生活などを通して仲間づくりをしたい人

カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)

本校は、近畿大学の建学の精神「未来志向の実学教育と人格の陶冶」と教育理念「人に愛され、信頼され、尊敬される人の育成」に加え、本校独自に設けた学習・教育目標を達成するため、専門コースごとに特徴あるカリキュラムを提供します。

  1. 時代と社会のニーズに応えるゆとりある技術教育と人格教育を提供します。
  2. 専門分野(機械・電気電子・情報・都市環境)を選択する前に、工学の基礎となる共通学力を身に付ける工学基礎教育課程(1~2年次)を設け、専門工学分野へのスムーズな導入を図ります。
  3. 習熟度別クラス分け授業や少人数クラス授業を取入れるなど、学生の個性を生かしたきめ細かい授業を提供します。
  4. 実験・実習を数多く開設し、難しい工学技術も易しく学べる授業を提供します。
  5. 卒業研究、民産官学連携、インターンシップ、公開講座、ロボット創造工学など、創造性を養う実学教育の充実を図ります。
  6. グローバル社会で活躍できる人材養成のため、実践的英語科目や第二外国語科目(中国語・韓国語)の開設、交換留学や海外カレッジとの相互交流など、生きた語学修得の場を豊富に提供します。
  7. 各種資格取得講座、特別進学講座、インターンシップなど、卒業後の進路決定を支援するプログラムを展開します。
  8. 近畿大学をはじめ、国立大学やその他の有名私立大学との単位互換制度の充実を図り、卒業生のスムーズな大学編入学の実現に努めます。
授業科目ツリー(クリック)
シラバスH30年度(クリック)

ディプロマポリシー(卒業認定・称号授与に関する方針)

本校は、近畿大学の「建学の精神」と「教育理念」に則り、「社会に貢献するための広い視野からもの創りを考え、それぞれの専門分野の知識と工学的素養をもって、考えたものを実現していく創造力あふれる技術者」の育成に努めます。所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、準学士の称号を授与します。

卒業までに身に付けるべき資質を以下に示します。

  1. 工業高等専門学校での種々の学びを通じて、「人に愛され、信頼され、尊敬される」、新時代を担う人間性豊かな技術者へと自らを成長させ続ける自己教育力を培っていること。
  2. 工学の基礎となる学力や技術を有し、実践的なデザイン能力を身に付けていること
  3. 技術者としての健全な価値観や倫理観を有し、社会の発展に貢献できる判断力と協調性を身に付けていること
  4. 自分の考えをはっきりと主張できるコミュニケーション能力を有していること
具体的には
  1. 工学の基礎となる学力や技術を身につける。
    • 数学、物理などの工学基礎科目における基礎学力を身につけること。
    • 実験データの集計や報告書作成にコンピュータが活用できること。
  2. 実践的なデザイン能力を身につける。
    • 専門分野の基礎知識を修得するとともに、関連する他の分野の基礎知識を修得すること。
    • 実践的な問題に対し、修得した専門分野の知識を問題解決に応用できること。
    • 構想したものを具体的な形に表現するCADソフトウェアが活用できること。
  3. 技術者としての健全な価値観や倫理観を養う。
    • 自国および世界の文化や価値観を理解し、自然との調和を考慮した視点からものごとを考えることができること。
    • 社会人としての健全な人格を有し、技術者に要求される倫理観を身につけること。
  4. 幅広い教養に基づく豊かな人間性の養成。
    • 人文科学、社会科学、自然科学の分野の基礎学力を身につけること。
    • 課外活動、特別活動、学校行事などへ参加することで豊かな人間性を身につけること。
  5. コミュニケーション能力の養成。
    • 得られた結果を日本語でまとめ、プレゼンテーションができること。
    • 英語の基礎知識を修得し、英語の読解、記述、簡単な会話ができる能力を身につけること。

編入学入学者受入方針

本科の4,5年次では実社会に役立つ教養と専門的知識の育成によって創造力あふれる技術者の養成をめざしています。
この目標を達成するために、総合システム工学科のそれぞれの専門コースでは次のような人の編入学を期待します。

  1. 求める入学志願者像
     自動車・エネルギー・ロボットなど、あらゆる産業で不可欠な機械技術を学ぶ
    設計・製造・開発・メンテナンスに携わる機械エンジニア(技術者)を育成するコースです。
    自動車・鉄道・航空機等の輸送産業、ガス製造・石油精製・発電プラントなどのエネルギー産業、製造工場や医療の現場などで機械を制御し操作するロボット産業など、様々な分野での活躍ができます。
    機械システムコースでは、1・2年次で習得したモノづくりの基礎技術を土台に、3年次からCAD、計測・制御・ロボット、エネルギー・環境などの最先端分野について体系的に学習し、社会のニーズに対応できる機械技術者の育成を目指します。
    どのような分野にも応用できるのが機械システムコースの魅力です。将来きっと展望が開けるでしょう。
     より高度な文明社会のために、電気の力で貢献できるエンジニアになろう
    電気や電子の特徴や性質を知るのに、電気回路や電気磁気学などの科目を学びます。
    そして、それらを応用するために、電気エネルギーや通信、制御、材料、デバイスなどの様々な応用分野を学びます。
    実験・実習に多くの時間をとっているので、難しい科目も体験を通じてやさしく理解できます。
    先輩たちは国家資格の電気工事士や、電気主任技術者、電気通信の工事担当者などの資格取得を目指して、電気電子コースで学んでいます。
    電気エネルギーの発生から応用、電気電子材料・デバイス、情報機器、電子制御まで幅広い分野の理論と技術を学びます。
    広範囲にわたる分野での問題解決能力を有する創造型技術者育成を目指します。
     コンピュータやコミュニケーションの基礎から応用まで、文理の枠を超えた情報科学テクノロジーを学び、次世代の若人を育成します。
    ICT社会が求めるテクノロジーとして、新たにネットワーク、情報管理、システム管理、情報セキュリティ分野も習得します。
    先に、ソフトウェア・ハードウェア・プログラミングなどのICT基礎を学び、その後、文理の枠を超えたICT応用を学びます。
    そして、社会の第一線で活躍できる技能と知識を身につけます。卒業後は情報システムを構築・保守する分野や、情報システムを発注・管理する分野で活躍できます。
    ハードからソフトそして応用まで、情報に関して総合的に学ぶ。
    高度情報化社会に対応したハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、プログラミングなどのコンピュータ技術を習得します。
    また、コンピュータを活用した文書処理やビジネスに関する能力を養成したり、事務データ処理におけるデータベースの設計技術を学びます。
    男性でも女性でも社会のいろいろな分野で活躍できる人材育成を目指します。
    ( 土木系):自然との共生を目指した橋や鉄道などの社会基板を創造するエンジニアを育成します。
    自然や環境に配慮しながら、橋、道路、鉄道、ダム、空港などの社会基盤を造るために必要な技術を学ぶコースです。
    従来からの構造力学や材料学などの専門科 目に加え、自然環境学や経済学的領域を総合的に学びます。
    社会基盤整備や都市づくりを創造的・実践的に行うことのできるエンジニアを育成します。
    (建築系):住宅・オフィスビル、インテリア等の設計やデザインに関する創造性豊かなエンジニアを育成します。
    人々が健康で快適に過ごすことができる住宅やマンション等の居住空間、および生活する上で必要な商業施設、 工場、学校、病院等の社会活動空間をつくるための知識や技術を学ぶコースです。
    建築物の構造やデザイン、材料、設備、歴史等、多彩でかつ広範な分野を学びます。
    様々な分野の知識を有し、創造的能力を持ち合わせたエンジニアを育成します。
  2. 入学者選抜方針
     本科の4,5年次では、社会に貢献するための広い視野からもの創りを考え、それぞれの専門分野の知識と工学的素養をもって、考えたものを実現していく創造力あふれる実践的技術者の養成をめざしています。この目標を達成する高い可能性を持った学生の選抜を行います。
    入学者の選抜として、学校長推薦選抜、学力選抜、自己推薦選抜を行います。
    学校長推薦による選抜は高等学校の工業に関する学科・専門教育を主とする学科・総合学科の生徒を対象とし、学業推薦、総合力推薦、指定校推薦に分かれます。
    指定校推薦は本校が指定する高等学校で在籍学科と志望コースが同一である場合で、推薦書および調査書の内容のみで評価します。
    学業推薦、総合力推薦は面接試験によって、科学技術やものづくりに対する興味や学習意欲、コミュニケーション能力、協調性などを評価し、推薦書および調査書と併せて総合的に評価します。
    学力による選抜では、技術者教育に不可欠の一般科目・専門科目が十分理解できる学生を選抜するため、基礎となる英語、数学、専門科目の学力試験を行います。普通科高校出身者のため専門科目に代わり物理を選択することができるようにします。
    高等学校の成績、面接結果と併せて総合的に評価します。 自己推薦による選抜では自己を強くアピールできる特徴を持った学生を選抜するため、自己推薦書を学校長の推薦書に代えます。
    これに加えて高等学校の成績、面接結果を総合的に評価します。

専攻科 生産システム工学専攻における3つの教育方針

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

専攻科「生産システム工学専攻」では 社会の技術発展に貢献するための広い視野からもの創りを考え、それぞれの専門分野の高度な知識と幅広い工学的素養をもって、考えたものを実現していく開発型技術者の育成をめざしています。この目標を達成するために、専攻科では次のような人の入学を期待します。

  1. 新しい技術の修得や学理の探求を進めたい人。
  2. 工学の基礎的学力を有し、ものづくりに意欲をもって取り組める人。
  3. 専門性の高い仕事に就き、専門的技術者として社会で活躍したい人。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)

本校は、近畿大学の建学の精神「未来志向の実学教育と人格の陶冶」と教育理念「人に愛され、信頼され、尊敬される人の育成」に加え、本校独自に設けた学習・教育目標を達成するため、専門コースごとに特徴あるカリキュラムを提供します。

  1. 時代と社会のニーズに応えるゆとりある技術教育と人格教育を提供します。
  2. 少人数クラス授業を取入れるなど、学生の個性を生かしたきめ細かい授業を提供します。
  3. 実験・実習を数多く開設し、難しい工学技術も易しく学べる授業を提供します。
  4. 特別研究、民産官学連携、インターンシップ、公開講座、PBLを取り入れた授業など、創造性を養う実学教育の充実を図ります。
  5. グローバル社会で活躍できる人材養成のため、総合英語や国際社会の中の日本、技術者倫理などの科目や、交換留学や海外カレッジとの相互交流など、生きた語学修得の場を豊富に提供します。
  6. 各種資格取得講座、特別進学講座、インターンシップなど、専攻科修了後の進路決定を支援するプログラムを展開します。
  7. 近畿大学大学院をはじめ、国立大学大学院やその他の有名私立大学大学院などへの専攻科修了生のスムーズな大学院進学の実現に努めます。
授業科目ツリー(クリック)
シラバスH30年度(クリック)

ディプロマポリシー(修了認定・称号授与に関する方針)

本校は、近畿大学の「建学の精神」と「教育理念」に則り、「社会の技術発展に貢献するための広い視野からもの創りを考え、それぞれの専門分野の高度な知識と幅広い工学的素養をもって、考えたものを実現していく開発型技術者」の育成に努めます。

所定の単位を修得し、国の機関である大学評価・学位授与機構が実施する審査に合格することにより「学士(工学)」の学位が得られます。また、「学士」の資格を得ることにより大学の学部卒業生と同等に大学院へ進学できます。

専攻科修了までに身に付けるべき資質を以下に示します。

  1. 工業高等専門学校での種々の学びを通じて、「人に愛され、信頼され、尊敬される」、新時代を担う人間性豊かな技術者へと自らを成長させ続ける自己教育力を培っていること。
  2. 工学の基礎となる学力や技術を有し、実践的なデザイン能力を身に付けていること。
  3. 技術者としての健全な価値観や倫理観を有し、社会の発展に貢献できる判断力と協調性を身に付けていること。
  4. 自分の考えをはっきりと主張できるコミュニケーション能力を有していること。
具体的には
  1. 工学の基礎となる学力や技術を身につける。
    • 数学、物理など工学の基礎となる学力を身につけること。
    • 情報リテラシーを習得し、情報を収集、分析し活用できること。
  2. 実践的なデザイン能力を身につける。
    • 専門分野の基礎知識をベースに、より深い専門知識を修得するとともに、関連する他の専門分野の基礎知識を修得すること。
    • 実践的な問題に対し、習得した知識を活用して、解決に向けて計画を立案し、継続的にそれらを実行できること。
    • コンピュータを活用して自らの創造性を具現化するデザイン能力を身につけること。
    • 諸問題に対して、専攻分野の枠を超えてチームで解決策を計画・実行し、問題を解決できること。
  3. 技術者としての健全な価値観や倫理観を養う。
    • 最新の技術や物事に対する探求心を持ち、自主的、継続的に学習できる能力を身につけること。
    • 自然と生命の尊厳を正しく理解し、併せて互いの人権を重んじ、共生の理念を育むこと。
    • 知的財産権などの基礎知識を理解し、社会的ニーズへ即応できること。
  4. 幅広い教養に基づく豊かな人間性の養成。
    • 人文科学、社会科学、自然科学などの幅広い教養を身につけること。
    • 身近な問題から地球規模の問題まで関心を持ち、物事を考えられること。
  5. コミュニケーション能力の養成。
    • 日本語で論理的に記述、発表、討議できること。
    • 外国語によってコミュニケーションがとれる基礎能力を身につけること。